アマーイズの企業研修プロデュースおよび、講演会・講師プロデュースは、リーフラス株式会社に業務移行されました。引き続き宜しくお願いいたします。
講演会・講師プロデュース >>> 東明 有美
業務内容
安岡 チョーク
安岡 チョーク (Choke Yasuoka)
車いす陸上競技選手 
パラリンピック金メダリスト
リーフラス株式会社所属

1973年1月18日生まれ、タイ王国プラチュアップ・キリ・カン県出身。

生まれつき両足が欠損。1988年、バンコク市スリソワン養護学校(中等部)在学中に車いすレースに出会い、タイ国内のレースに出場し始める。

1990年に初の国際大会となる第10回大分国際車いすマラソン大会に出場。1992年、タイ代表としてバルセロナパラリンピック競技大会出場。1996年にはスポーツ功労により、タイ王国王室勲章を史上最年少で受勲。1996年、アトランタパラリンピック競技大会10,000m銅メダル獲得、マラソン5位入賞。

2003年に国際パラリンピック委員会の特例措置により、正式に日本代表選手として承認を受け、2004年、日本代表選手としてアテネパラリンピック競技大会800m金メダル、400m銀メダル、400m×4リレー銅メダルを獲得。大分県賞詞(県民栄誉賞)を2度受賞している。その後も数々のレースに出場し、メダルを獲得。

選手活動の傍ら、ジュニア選手の育成や「心のバリアフリー」推進のため、各地での講演会を実施。自身の経験から、”Overcome”をキーワードに、困難を自身の糧と捉えることや努力の重要性を伝えている。アスリートとしてのストイックでチャレンジングな性質と、飄々としていてユニークな性格を併せ持ち、幅広いジャンル層から人気を得ている。

選手として第一線で活動すると同時に次世代を担うジュニア選手の育成にも注力していることから、小学校や特別支援学校での講演依頼が多数。

【経歴】

1973年
タイ王国プラチュアップ・キリ・カン県に生まれる 生まれつき両足が欠損
1988年
バンコク市スリソワン養護学校中等部卒業 在学中に車いすレースに出会う
パタヤ職業訓練校(電気・機械科)卒業 タイ国内のレースに出場し始める
1990年
初の国際大会となる第10回大分国際車いすマラソン大会に出場
1992年
バルセロナパラリンピック競技大会出場
2000年
シドニーパラリンピック競技大会出場 タイ選手団の旗手を務める     
日本人と結婚
2002年
ひらた医院 入社(看護助手として看護部に配属)
2004年
日本代表選手としてアテネパラリンピック競技大会800m金メダル、400m銀メダル、400m×4リレー銅メダルを獲得。
大分県賞詞(県民栄誉賞)を2度受賞
2005年
第25回大分合同新聞スポーツ賞 国際賞受賞     
ひらた医院退社
アソウヒューマニーセンター 入社
2008年
北京パラリンピック競技大会出場
福岡県議会・福岡県スポーツ議員連盟より感謝状を贈られる
2009年
アソウヒューマニーセンター 退社
2010年
東京都多摩障害者スポーツセンター主催のジュニア陸上競技レッスン講師として、ジュニアの指導に取り組む
2011年
リーフラス株式会社 入社
2012年
ロンドンパラリンピック競技大会出場
2014年
イスタンブールマラソン大会 2位

【主な戦歴】

・1992年 バルセロナパラリンピック競技大会出場
・1996年 アトランタパラリンピック競技大会出場 10,000m 銅メダル獲得、マラソン 5位入賞
・1999年 フェスピックバンコク大会 1,500m 金メダル、10,000m 金メダル、マラソン 銀メダル獲得
・2000年 シドニーパラリンピック競技大会出場
・2004年 日本代表選手としてアテネパラリンピック競技大会出場 800m 金メダル、400m 銀メダル、400m×4リレー 銅メダル獲得
・2006年 IPC陸上競技世界選手権大会 5,000m 銅メダル獲得
・2007年 ソウル国際車いすマラソン 3位
・2008年 北京パラリンピック競技大会出場 マラソン 13位
・2012年 ロンドンパラリンピック競技大会出場
・2014年 イスタンブールマラソン大会 2位
・2015年 全国車いす駅伝競走大会 優勝

【主な講演・出演歴】

・東京都新宿区立新宿養護学校
・東京都稲城市立向陽台小学校
・順天堂大学健康科学部国際シンポジウム
・日本リハビリテーション専門学校同窓会
・第6回東京ボーイズコレクション スポーツ・オブ・ハート オープニングセレモニー:ファッションショー「Heart 新世紀
・東京都立城南特別支援学校

【講演テーマと内容】

テーマ:「Overcome-乗り越えていくこと」

内容:先天性下肢欠損として生まれ、車いすもない環境で幼少時代は思うように生活できなかった。中学生のとき、車いす陸上競技に出会い、高みを目指して努力する楽しさや充実感を知る。そして、アテネパラリンピックに出場したが、レース中にまさかのクラッシュで転倒。そこからメダルを獲得するまで。

メッセージ:①困難は自分を高めていくためのステップ!       
      ②地道な努力こそが、困難に直面したときに自分の支えとなる!       
      ③諦めないで頑張れば夢は必ず叶う!

※レーサーで走っているところを見ていただいたり、実際に参加者(体が小さい方に限ります)にレーサーに乗っていただいたりすることも可能です。

back_to_top