アマーイズの企業研修プロデュースおよび、講演会・講師プロデュースは、リーフラス株式会社に業務移行されました。引き続き宜しくお願いいたします。
講演会・講師プロデュース >>> 池田 浩美
業務内容
池田 浩美
池田 浩美 (Hiromi Ikeda)
サッカー元なでしこジャパンキャプテン
尚美学園大学女子サッカー部総監督

1975年12月22日生まれ、埼玉県出身。

本庄第一高等学校卒業後、田崎ペルーレに入団、主なポジションはディフェンダー。

小学校時代はバレーボール、中学校では陸上競技に取り組んでおり、高校で好きになった人がサッカーをしているのを見て自分も始めたという、異例の経験の持ち主。

なでしこリーグでは、新人賞獲得を皮切りに、ベストイレブン9回、敢闘賞2回獲得という、輝かしい成績を収め、2004年アテネ五輪ではゲームキャプテンとしてチームを牽引、大きく貢献。
その後、2007年FIFA女子W杯では既婚者プレーヤーとして旧姓の「磯崎」から「池田」に改姓しての出場となった。
2008年東アジア選手権では優勝、なでしこジャパン初タイトルに大きく貢献したが、同年所属チームの休部に伴い、惜しまれつつも引退。

現なでしこJAPANの佐々木監督とは、コーチ時代から代表メンバーとして一緒に闘っており、佐々木監督以降もキャプテンを務め、現キャプテンの澤選手の前任でもある。

本人の持ち味である実直なキャラクターが醸し出す講演スタイルは、決して派手ではないが、聴講者に説得力や謙虚な姿勢が伝わることで人気がある。

【経歴】

1989年
埼玉県上里町立上里東小学校卒業
1992年
埼玉県上里町立上里中学校卒業
1995年
埼玉県立本庄第一高等学校卒業
1995年
田崎ペルーレ入団
1997年
親善試合でなでしこジャパン初選出
1999年
FIFA女子世界選手権出場
2003年
FIFA女子W杯出場
2004年
アテネ五輪出場
2007年
FIFA女子W杯出場
2008年
東アジア女子サッカー選手権大会 優勝
AFC女子アジアカップ3位 北京五輪4位入賞
2008年
東アジア女子サッカー選手権大会 優勝
AFC女子アジアカップ3位 北京五輪4位入賞

【主な講演テーマと内容】

「バトンタッチでつないだ、なでしこ・佐々木ジャパンのキャプテンシー」

現なでしこジャパンのキャプテン澤穂希選手の前任として、チームを牽引し佐々木監督の下で飛躍の一端を築いた2008年北京五輪での4位入賞。 当時のキャプテンとして、佐々木監督が築いてきたチームのマネージメント術や、澤選手に引き継いだキャプテンシー、成績が思うように行かない時期、どのようにして佐々木監督とチームをまとめ支えて行こうと話して来たのか等、「今のなでしこジャパンに最も近い存在」の1人ならではのこぼれ話をお伝えし、諦めないことの大切さや苦しいときこそチーム一丸となって踏ん張る為の精神力の在り方のヒントをお届け致します。

「なでしこキャプテン経験を通して学んだ監督力~選手の導き方、伝え方、育て方」

なでしこキャプテンから総監督へ~現在、携わる大学女子サッカー部チームは、レベルもモチベーションも様々であり、その自己管理意識も個々に大きく差がある。「勝ちたい」想いは皆共有しているが、その実現までをどのように取り組めば良いのか、わからない選手も多い。遅咲きだった代表時代、メンタル・技術共にトップクラスの選手たちの中で、突然代表キャプテンに選ばれたことに悩んでいた時に、監督にかけてもらった言葉で「自分との向き合い方を変える大切さを学んだ」自分の経験を元に、コンプレックスや価値観の違う個々の選手に、どのように「自分を変える」ための動機づけを与え、「勝つ」という目標に全員を導くか~一人一人の適性を考えた声かけの仕方、指導方法をお伝えします。組織を統率するために、ビジネスでも活かせる講演です。

「遅咲きデビューのプレッシャーを自分の成長へ〜わたしのなでしこキャプテン人生」

勉強嫌いなわたしに何か取り組めるものをと、母が薦めてくれたのが、スポーツでした。 小学校ではバレーボール、中学校では陸上とサッカーとはまったく違ったスポーツに取り組み、16歳で初めてサッカーボールを蹴りました。 高校から始めたサッカーでなでしこリーグに所属するチームへの入団、そしてなでしこジャパン入り、キャプテンとしてオリンピックに出場させて頂くことが出来ました。 好きだったサッカーですが、なでしこジャパンに選出されると、代表レギュラーに囲まれた環境でプレッシャーや怖さが襲い、代表召集のときは遠征拒否に陥り前日は家で泣いたものです。 そんなわたしが任命を受けた、更に重い「キャプテン」という役割。 大きなプレッシャーを自分の成長のための試練として、わたしなりの方法でチームをまとめられるよう努め、後任の澤選手に引き継ぎました。 一般的に見れば、想像がつかないようなストーリーかもしれませんが、もちろん私は特別な才能を持っているわけでもありません。誰でも、必ず諦めなければやりたいことが出来るのです。 こんなわたしのプレッシャーや壁にぶつかったときの乗り越え方が、皆さんの生きるヒントに少しでもお役立て出来たらうれしいです。

【代表キャップ数】

119試合出場、4得点

【個人タイトル】

新人賞 1995年
敢闘賞 2005年、2007年
ベストイレブン 1999年〜2008年まで

【メディア実績】

(テレビ)

NHKロンドン五輪予選サッカーなでしこジャパンゲストコメンテーター
日経新聞ウェブサイトロンドン五輪サッカーなでしこジャパンコメンテーター

(著書)

「荒れ地に花は咲く―サッカーへたくそ少女、なでしこジャパンの飛躍を支える」
  (アートヴィレッジより出版)

back_to_top