アマーイズの企業研修プロデュースおよび、講演会・講師プロデュースは、リーフラス株式会社に業務移行されました。引き続き宜しくお願いいたします。
講演会・講師プロデュース >>> 山本 浩
業務内容
山本 浩
山本 浩 (Hiroshi Yamamoto)
法政大学スポーツ健康学部長
元NHK解説委員

観ているだけでも感動的なスポーツシーンに、人々の心に響くフレーズやポーズを添えることで、より感銘を与える実況スタイル。名スポーツ実況アナウンサーとしてサッカーW杯、オリンピック大会での実況は有名。

2000年から実況アナウンスからスポーツ界の問題解説に軸足をシフト、NHK解説委員に就任。
2009年3月にNHKを退職。

現在はアナウンサー時代から研鑽を深めていた国内スポーツ発展の為の環境整備や、地域・社会との融合について学んだ知識や視点を活かし、法政大学スポーツ健康学部にてコミュニケーション論、 スポーツメディア論を講じる。

趣味は「全国の卸売市場を巡り、魚介類をさばき寿司を握ること」など、意外な一面も持つ。

【経歴】

1976年
東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒、日本放送協会(NHK)入局 、福島放送局に配属
1980年
松山放送局、1983年 東京アナウンス室 1989年 福岡放送局 1993年 東京アナウンス室
2007年
日本相撲協会「再発防止検討委員会」外部委員に就任

 

■実況主要担当競技
・サッカー(1986年W杯メキシコ大会) にて実況デビュー
・アルペンスキー(1988年カルガリー五輪大会)にて実況デビュー
※その他、五輪・W杯等の国際大会にて実況多数。

■現在就任(2012年1月現在)
順天堂大学スポーツ健康科学部客員教授
日本サッカー協会殿堂委員
日本陸上競技連盟国際委員会情報企画部委員
同普及育成委員会普及政策部委員
日本体育協会地域スポーツクラブ育成専門委員
JTL(日本トップリーグ連携機構)強化プロジェクトメンバー
2013東京国体総務企画専門委員など

【主な講演テーマと内容】

「2020年東京大会成功の鍵を探す~「おもてなし」の灯をともせ~」

日本中を歓喜に包んだ2020年東京五輪決定。7年後に向け、「おもてなし」精神を最高の形で発揮するために、今、私たちはどんな準備をしていけば よいのか。大切なことは、大会に続く時代に日本が大きな変容を遂げる可能性を含んでいること・・・数々の五輪大会やW杯などの国際大会を見続けてきた、元 NHK解説委員で現在は法政大学スポーツ健康学部学部長の山本浩が、メディアの五輪観、観客目線、スポンサーの関心など多角的に見て、東京五輪成功への道 を探ります。
戦争に翻弄された1930年代、東西の冷戦に揺れた1980年代。時代をくぐり抜けた五輪は、今に何を残し、未来に何を届けるのか。選手や競技団体のこぼ れ話なども添え、東京五輪を楽しむためのポイントもお伝えします。NHK-BSで五輪決定の特番コメンテーターを務めた山本ならではの、豊富な取材の元に 講演。お薦めです。

「スポーツの内なる力」

人間が達成感や喜びを味わえるとき。
それは、自らが成長したと自覚出来た時と、他人からその成長を評価されたときです。
長年携わって来たワールドカップやオリンピック取材など「スポーツ」というフィールドを通して見た「優秀な指導者はどんなマネージメントでチームをうまく まとめ、成果を上げたのか」「トップアスリートと呼ばれる彼らはモチベーションをどのようにコントロールし、本番で最大限の実力を発揮させるのか」などに ついて、名将・名選手と言われる彼らとの触れ合いのエピソードを交えながら、達成感を得られる人材育成やセルフマネージメントに必要なエッセンスをお伝え します。
是非、職場や学校、ご自身の日々の生きがい作りのヒントになさってください。

「ことばのパワーを感じて」

1つ1つの単語やフレーズは、タイミングや声のトーン、組み合わせによって人に大きな印象を与えます。
そして、ことばを大切に扱うと「ことばが持つ本当の力」は大きく発揮されます。ときには人を勇気づける素晴らしい道具にもなり、一生心に残るものにもなるでしょう。
NHKアナウンサー時代、数々の名実況を生み出した長年の経験を元に、いかにことばの持つ力が人々に元気や希望を与えるのか。コミュニケーション力が乏しいとされる今、改めて「ことば」というコミュニケーションツールを活かすためのノウハウを伝授いたします。
日頃、「部下や上司に対して効果的な言葉の表現方法を学びたい」「人との会話に自信がない」「組織をうまくまとめるためにどんな言葉を遣えば効果的なのだろうか」と言った疑問をお持ちの方に、ぴったりの講演です。

「スポーツが作るまちづくり・人づくり」

今の子ども達が置かれている環境や、コミュニケーションの減少、教育の難しさなど、現代社会で問題視されている課題をクリアするためには、まさしく 地域でスポーツを活性化させ、スポーツを通して人と人とのコミュニケーションや向上心を植え付けることがかなりの成果を発揮します。具体的に、様々な地域 や国のスポーツを通したコミュニケーション作りの例を挙げ地域の皆様の健やかな環境作りのご参考となる講演をお届けします。

【講演実績】

「スポーツ中継は何を語る」(日本スポーツ社会学会講演/岩手大学)
「聞く・見る・伝える」(関東学院中高等学校職員講習会)
「サッカー力」 (慶応大学リーベンクラブ講話)
「芝生の外の荒野を駆ける」(全日本大学サッカー連盟総会講演)
「FIFA2010W杯から世界が見える」(朝日カルチャーセンター横浜)
「スポーツの内なる力」(スポーツ祭東京2013町田市実行委員会設立総会記念講演)
「スポーツに見る日本人気質」(東京東ロータリークラブ卓話)
「スポーツが人を創る」(八王子市国体実行委員会設立総会記念講演) 他
「スポーツの魅力と魔力」(監査懇話会講演会)、
「ことばのパワーを感じて」 (日本私立小学校連合教員研修会)
「アルビとJの課題」(新潟県サッカー協会記念講演)
「指導者に見る勝負の編み方」(よみうり文化フォーラム富山)
「千姿万態のオリンピックを抉る」(日本女子体育大学研究会講演)
「スポーツを彩った言葉」(福岡大学実践教育プログラム講演)
「スポーツの魔力」 (全日空スカイホリデークラブ講演)
「オリンピックの時代」(東京外国語大学寄付講座)
「メディア論」(JOCスポーツコーチ研修会)
「競技力を欺く道~スポーツをゆがめるもの~」(鹿児島県スポーツ医学歯学勉強会)ほか

【メディア実績】

(テレビ・ラジオ)

・サッカーワールドカップ実況
・オリンピック実況
・高校野球実況
・Jリーグ実況
・その他スポーツ実況
・「あなたのメロディー」(NHK総合)
・ラジオ深夜便
・ラジオあさいちばん  等多数  

(著 書)

・『メキシコの青い空―実況席のサッカー20年』 (新潮社)
・『実況席のサッカー論』 (出版芸術社)
・『続・実況席のサッカー論』 (出版芸術社)

back_to_top