アマーイズの企業研修プロデュースおよび、講演会・講師プロデュースは、リーフラス株式会社に業務移行されました。引き続き宜しくお願いいたします。
講演会・講師プロデュース >>> 下地 暁
業務内容
下地 暁
下地 暁 (Satoru Simoji)
アイランダーアーティスト
宮古島大使

1957年沖縄県宮古島で生まれる。兄弟が多く、小さい頃は貧しい家庭で育った。
その中で、いつも家族の為に頑張ってくれた母の姿に触れ島や、母、祖先への感謝・愛の大切さを学びながら成長、高校卒業と同時に上京しロックバンドのボーカルとして14年間活動、また、有名アーティストのバンドメンバーや楽曲のアレンジなどにも携わる。

1992年、ふるさとの方言が失われてゆく現状に強い危機感を感じ、音楽を通して次世代へ繋げようと、15年過ごした東京から宮古島へと活動拠点を 移し、アルバム「オトーリ」をリリース。以降70枚以上の作品を送り出し、1999年には角松敏生氏プロデュースによる「風のあやぐ」をリリース。 2000年には沖縄のアーティストとしては初の自身の曲「太陽(ティダ)の歌」がNHK「みんなのうた」に起用され視聴者からリクエストが相次ぎ異例の再 放送となるなど活躍し、メディアでも取り上げられた。

また宮古島にサテライトスタジオと同時にレーベルを立ち上げ音楽活動を軸に、地元ミュージシャンのプロデュースや離島では初めてとなるラジオ番組を企画・制作・パーソナリティーを務める。
2002年から宮古島の伝統芸能保存継承を目的に「クイチャーフェスティバル」を立ち上げ、実行委員長として企画運営に携わる他、宮古島市より宮古島大使に任命され精力的な活動を続けている。
2009年宮古島警察署管内に設置されている警察官型人形「宮古まもる君」のテーマ曲を発売、全国区となり、宮古島観光活性化にも貢献。

自身の人生のテーマは「温故知新」。「大切なものは身近にある」をキーワードに、次世代への架け橋となり、「進化=深化」し続けていくことを歌や詞で伝える姿は、忘れられがちなローカル文化を継承することの重要さを様々な世代に教えてくれる。

【主な講演テーマと内容】

「母への想い~貧しい家庭で得たかけがえのないこの世でたったひとつの宝物」
「古きをたずねて新しきことを知ることの大切さ」

※歌とトークのライブがお薦めです。

back_to_top