アマーイズの企業研修プロデュースおよび、講演会・講師プロデュースは、リーフラス株式会社に業務移行されました。引き続き宜しくお願いいたします。
講演会・講師プロデュース >>> 東明 有美
業務内容
東明 有美
東明 有美 (Yumi Tomei)
サッカー元日本女子代表
首都大学東京 客員准教授
チームビルディングコンサルタント
博士(スポーツ健康科学)

1972年6月1日生まれ、岐阜県出身。

兄の影響で8歳くらいの頃からサッカーをはじめ、中学1年の時在籍していた岐阜女子FCでの試合を見た関係者がスカウティング、16歳で日本女子サッカーリーグ プリマハムFC くノー(現 伊賀FC)入団。
ポジションはDF,チームでは、永きに渡りキャプテンを務めた。その後、日本女子代表としてアトランタ五輪ワールドカップなど国際大会に多数出場。

2000年引退後、女子サッカー界では珍しくビジネス路線に方向転換、(株)電通に入社。マネージメントサイドを含めて外側から女子サッカーの位置を把握し、発展に尽力。同年年4月には、(財)日本サッカー協会からJFAアンバサダーに女性としてはじめて選出された。

2009年4月に順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科に入学。「組織」「女性」「リーダーシップ」をテーマに研究。女性の立場からの組織論やスポーツ、教育、生き方について、サッカーの経験と理論を合わせた講演は老若男女問わず好評を博している。

2012年は、フジテレビ「FIFA U-20サッカー女子W杯」解説をメインに共同通信でのロンドン五輪なでしこジャパンみどころ動画インタビューやテレビ東京「FOOT × BRAIN」出演などメディアでも活躍。

プライベートでは、2004年、アメリカ人と結婚、2007年末より夫の仕事の関係で香港に移住。現在、香港在住の欧米人の子どもが多く所属する「香港FC」監督も務めている。

【経歴】

1987年
岐阜県立岐阜高校入学
1988年
日本女子サッカーリーグ プリマハムFCくノー(現伊賀FC)入団
1993年
日本女子代表選出
1994年
アジア大会広島出場
1995年
FIFA女子ワールドカップスウェーデン大会出場
天理大学 体育学部卒業(卒業論文テーマ「女子サッカー選手の性格分析」)
プリマハム株式会社 入社
 
1996年
アトランタオリンピック出場
1998年
アジア大会バンコク出場
プリマハム株式会社 退社、大阪教育大学 教育学部 修士課程 入学
1999年
FIFA女子ワールドカップアメリカ大会出場
2000年
シーズン終了後、惜しまれつつも引退
2001年
大阪教育大学 教育学部 修士課程 修了(修士論文テーマ「女子サッカーの日米比較研究」)
株式会社電通 入社
2004年
アメリカ人と結婚
2005年
株式会社電通 退社
2007年
財団法人日本サッカー協会 女子アンバサダー就任
財団法人日本サッカー協会「心のプロジェクト」 夢先生就任
NPO法人日本オリンピアンズ協会 代議員就任(4月より2年間)
2009年
順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科入学
2012年〜
日本サッカー協会 国際委員
アジアサッカー連盟 社会貢献委員、日本サッカー協会・アジアサッカー連盟 マッチコミッショナー 順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 スポーツ 社会学領域 博士後期課程在学 文部科学省委託事業 順天堂大学 チーム「ニッポン」マルチサポート事業 女性アスリート戦略的サポート事業 女性リーダーシップ開発プロジェクト委員

【通算成績】

・代表Aマッチキャップ数 43
・代表試合での生涯得点   6点
・Lリーグ(現なでしこリーグ)優勝 2回
・Lリーグ(現なでしこリーグ)ベストイレブン 5回

【主な講演テーマと内容】

「女子サッカーから学ぶビジネスで活きるコミュニケーション

人を動かす、またはチームを作る際に非常に大切なのがコミュニケーションです。しかし、人はそれぞれ異なるコミュニ ケーションのスタイルを持っているため、そのギャップがお互いの意思の疎通を難しくし、チーム作りに影響することが 多々あります。例えば、女子サッカーにおいては、年齢、所属チーム、経歴が異なるメンバー間のコミュニケーションギ ャップをいかに埋めていくかでチームの成績が左右するといっても過言ではありません。
まずは、自分のコミュニケーションスタイルを分析し、普段どんな言葉や行動を用いて周りの人たちにアプローチしてい るのかを認識することから始め、次にチームメイトのコミュニケーションスタイルを理解することで、不用意な衝突を避 け、コミュニケーションを円滑にすることができます。
自らのサッカー日本代表経験を元に、ビジネス視点でコミュニケーションのあり方について講演します。

「女子サッカーから学ぶ失敗学

リオオリンピックへの出場権を逃したなでしこジャパン。この敗退の裏にはどのような「失敗」があったのか。
例えば、チームの成熟と世代交代、リーダーとフォロワーの関係性など、チームビルディングの視点から、敗因と失敗の 原因について考え、チーム作りを目指すビジネス組織に援用できるリーダーシップや組織のあり方を検討していきます。

「女子サッカーから学ぶ勝てるチーム・勝てないチーム

勝ちつづけるために、リーダーはどうあるべきか。勝てるリーダーの思考、感情、行動を女子サッカーのこれまでの歴史に照らし合わせて解説します。また、勝てるチームに必要なコミュニケーションの極意を分析し、ビジネス組織でも、リーダー・フォロワー共に目標を共有し、達成できるチーム作りのヒントを検討していきます。

夢の力

「夢の力」とは何か?
人間は自分が思ったものにしかなれません。「空を飛ぶ」、「宇宙に行く」、「日本でサッカーワールドカップを開催す る」「オリンピックで金メダルを獲得する」など、私たちが目にする偉業は、誰かの夢から始まります。  夢は私たちに勇気と希望をくれます。
「DREAM夢があるから強くなる」は日本サッカー協会のスローガンです。そして2011年になでしこジャパンは世界一 に なりました。なでしこジャパンのメンバーも女子サッカーが日の目を見ない時代から「夢の力」を信じて努力してきた 人たちです。
このような点から、「夢の力」を得るために必要な「2つのモノ」と「4つの行動」について話を進めていきます。

「夢の力」を最大限に得るために必要な「2つのモノ」と「4つの行動」
・2つのモノ
  1.夢
  2.理解者
・4つの行動
  1)好きになる
  2)イメージする
  3)話す
  4)聞く
自分が夢を持つ主体者として、どのように夢を設定するのか、4つの行動 を実践していくのか、 という視点に加え、夢を持つ人の理解者としてどのように応援していく べきなのか、について考えていきます。

組織の中で自分を活かす、女性が知っておくべき組織論

社会に出て働きたい、結婚・出産しても働きたいと考えている女性が増えています。
そして、昨今の少子高齢化の流れや国際潮流を考えれば、これからの日本において労働組織をはじめ、多くの組織で女 性の活躍は必要不可欠です。しかしながら、日本ではまだまだその環境が整っているとは言えません。
ここでは組織論を応用しながら、日本の会社や組織において女性がおかれている立場を示し、その中でどのように自分 を活かすべきかを考えます。

<女らしさ>とは何か?~女子サッカーを切り口に~

みなさんが考える「女らしさ」とは何でしょう?
その「女らしさ」は万国共通のものでしょうか? なでしこジャパンのワールドカップ優勝で一躍脚光を浴びた女子サッカーですが、ここまでの道のりは決して恵まれた ものではなく、その背景には常に「女らしさ」との葛藤がありました。日本女性にとって「女らしさ」とは自己を表現 する大切な要素ですが、これからの国際社会において、海外での「女らしさ」の捉え方を理解しておくことは、コミュ ニケーションを取るうえで非常に大切と考えます。
自身の香港生活での経験や、外国人たちの女子サッカーの捉え方を切り口に「女らしさ」とは何かを分析します。

【講演実績】

・日立製作所様  ・十六銀行様  ・足利銀行様  ・トマト銀行様  ・コスモ石油様  ・富士ゼロックス東京様  ・日本電気様  ・元気寿司様  ・日立金属様  ・各都道府県青年会議所様  ・各都道府県商工中金様 ・東京都税理士法人会様  ・東京都自動車部品組合様  ・埼玉県警備業協会様  ・早稲田大学様  ・四十四銀行様 ・香港日本人学校(「夢先生」として) ・ニューヨーク日本人学校、ニュージャージー日本人学校、 ・則武若鮎サッカー少年団 ・大分県公立高等学校教職員組合 ・日産労連、 ・第2回岐阜県地域連携推進シンポジウム(パネルディスカッション) ・文京区窪町小学校(心のプロジェクト夢先生として) ・「JOCがんばれ!ニッポン!パーク in 東京ドームシティ」(イベント) など多数

【メディア実績】

(テレビ)

2012年 フジテレビ「女子サッカーW杯U-20大会」ヤングなでしこ解説
フジテレビ「女子サッカーW杯U-17大会」解説
NHK総合「Sports Plus」なでしこジャパンコメンテーター
テレビ東京「Football Brain」 他多数

(著書)

ビジネス書「"なでしこ”から学ぶ最強のフォロワーシップ」2013年6月発行

back_to_top